エステの勧誘断りテクニック!

エステもいいけど、勧誘が心配。。。

いざエステにいってみようと思った時に、一番心配なことはなんでしょうか。

短期間で痩せられるかということでしょうか。痛い施術があったらどうしようかということでしょうか。しかしそれ以上に心配なのは、ずばり「勧誘」ではないですか。エステといえば強引な勧誘があるというイメージは今でも強く残っていますね。

初めて行くエステサロンだったらなおさらです。もしも他のコースを勧められて、無理な契約をしてしまったらどうしようという不安があるのは当然でしょう。

自分には不要なコースを強力に勧められたらどうやって断るか。これからエステに行って契約をしようとする前には、ぜひとも知っておきたいですね。

エステ勧誘を断る3つのテクニック!

まずは、自分のしたいことをはっきりさせてから契約にいくことが大事です。自分が今悩んでいること、改善したいと思っている点を明確に決めておくといいでしょう。

たとえば太もものセルライトをなくしたい、ヒップアップだけでいいなど、要望を絞っておくのです。

契約の段階では、気持ちを強く持ってスタッフに「これだけしてほしい」とはっきり言えば、無理な勧誘はしてこないでしょう。あるいは強く勧められても「してほしいことだけをお願いします」ときっぱり言いましょう。多少強く言いすぎかなと思っても、はっきり言った方がいいこともあります。

エステの場合は、施術を受けるのも、お金を払うのもお客です。

本当にしてほしいことだけをやってもらいましょう。それで気にいったら、他のコースへの変更や追加をすればいい事なのです。あるいは、最初は体験コースだけで帰ってしまうというのもいいですね。体験コースの後には、コース説明などの勧誘はあります。

そのときに「他のエステの体験コースも受けてから決めます」といえばいいのです。

お客の側がこう言ったときに、施術や接客、スタッフのクオリティに自信があるサロンはけっして無理な勧誘はしてきません。最近ではいろいろなトラブルを避けるために、押しの強い勧誘をせずにコース説明にとどめているところが増えてきているようです。

エステによっては、ホームページ上で「勧誘はありません」とはっきり書いてあるところもあります。どうしても心配なら、勧誘なしと明記してあるサロンを選ぶのもいいですね。

→脚痩せエステ・ランキング|TOPページに戻る